カテゴリー「行政書士(開業準備)」の記事

銀行口座あれこれ:海外からの送金への対応

 行政書士事務所を開設したり,他の個人事業を開始すると,信用度を高めるために事務所名義や屋号での銀行口座が欲しくなるものであります。特に屋号の中に氏名の一部がはいっていない場合はなおさらのことであります。

 そこで銀行に行って屋号での口座開設について相談したり,銀行のウェブサイトを調べてみますと,たいていは受領印付き開業届のコピーを出せと言われます。この「受領印付き開業届のコピー」というのはどのように入手するかといいますと,開業する際にですね,開業届とそのコピー・返信用封筒(切手貼付・住所記入済み)を税務署と県税事務所に郵送すると,開業届のコピーに受領印を押したものを返送してくれるというわけであります。

 がぶりぽん事務所では今のところイーバンク銀行に口座を持っています。なぜイーバンク銀行を選んだかと申しますと,ひとつは口座維持手数料が無料であること。フツーの個人からは口座維持手数料をとらなくても,個人事業主からはとる銀行があるので要注意であります。

 次に,セキュリティーがしっかりしていること。インターネットバンキングを利用するので,何らかの理由でパスワードや暗証番号が流出した場合に備えた対抗策について,他行より気合いを入れている(ように見える)姿勢は評価に値すると思っています。

 さらに,振込手数料が安いこと。塵も積もれば何とやら,ワタクシもネー,安いのには弱いのであります。ウフheart

 さて,そんなこんなでお気に入りのイーバンク銀行ですが,ワタクシにとっての重大な欠点がひとつ。それは,海外から振込を受ける際に必要な,SWIFTコードがないということであります。つまり,日本に銀行口座をお持ちでない海外のお客様が,がぶりぽん事務所の口座にフィーを振り込もうと思っても振り込めないということなのであります。

 そういうときにはどうするかというと,インターナショナル・マネー・オーダーという為替のようなものを郵送していただくか,フィーに換金手数料を上乗せした額の小切手を郵送していただくということになります。当然この方法ですとマネー・オーダーが行方不明になるリスクがあり,また入金までに時間がかかってしまいます。まあ請求してから最速で2週間くらいですかねー。

 そこでワタクシ,ここはひとつ海外からの振込に対応できるよう,SWIFTコードを持っている金融機関で事務所名義の口座を持ちたいと思い,ゆうちょ銀行に行ってまいりました。

 ゆうちょ銀行がSWIFTコードを持っているのは調査済みでしたので,担当の方に口座開設の趣旨を述べたところ,担当の方から振込元の国はどこかとたずねられました。基本的には英語圏,なかでもイギリスとアメリカがメインと答えますと,予想だにしていなかった展開が待ち受けておりました。

 「申し訳ありませんが,アメリカからの振込による送金には一切対応しておりません。」

 「イギリスからの送金でしたら,郵便局からの送金のみ対応しております。銀行からの送金には対応しておりません。

 ああ,なんという・・・なんという役立たずなのでありましょう!!
 アメリカとイギリスちゅーたら世界金融の2大中心地でありましょうに!
 だいたい銀行からの送金に対応していないのにSWIFTコードを持っている意味がよくわかりません!catface

 そんなわけで,結局口座は開設せずに帰ってきてしまいました。あまりにもイラッときたので思わず途中の甘味処でクリーム白玉あんみつまで食べてしまいました。

 その後口座維持手数料を支払っても海外からの振込に対応できるようにしようかどうか,しばらく迷いましたが・・・当分はマネーオーダーによるお支払いのみということにしようと決めました。海外からのご依頼がうんと増えたら,対応できる口座の開設を考えたいと思います。

 これから個人事業を始めようとなさる方で,海外との取引を予定されている方のご参考になれば幸いであります。

| | コメント (2)

主力業務の報酬額表を作成しました

 今日は,ずいぶん長い間先送りにしてきた,入管関係業務の報酬額表を作成しました。在留・永住・帰化等の許可申請は当初から主力業務とする予定だったのですが,その報酬額が今まで決まらなかったのは,最近になってようやく各業務の難易度や,業界の相場,他の先生方と違った独自の付加価値をつけられるかどうかなどが見えてきたためです。

 それで作ってみたのですが,なんだかものすごく高くなってしまいました。

 入管関係業務,特に在留関係は,依頼者の人生がかかっています。極端な場合では,依頼者やその家族・親戚の一生がかかっているようなことがあります。たとえば,親戚一同が全財産を担保に入れて借金したお金で,期待を一身に背負って来日している外国人もいらっしゃるのです。そういう方にとっては,在留資格がとれるかとれないかは命のかかった問題だともいえますから,考えられるできるだけのことをして,許可の取れる可能性を高めたいとお考えだと思うのです。ですから,私もそのために手間を惜しまず足を使って資料集めをする覚悟を決めたところ,やはり何度計算しても相場より高くなってしまうのですね。

 うーむ。専門性がそれほど高くない分野では,相場並みの料金設定をしているつもりなのですが,こうなると主力業務で依頼が全然来ないんじゃないかと不安になります。世間並みの処理なら世間並みの値段でできるだろうとは思うのですが,必ず言われるであろう高すぎるという苦情に対して,それならどうぞ他の安い事務所へ行ってくださいと言うか,スタンダードコースとスペシャルコースの2本立てで料金設定すべきなのか。だいたい依頼者もワタクシも,スタンダードコースで結果に納得できるのか。難しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職務上請求書を購入しました

 今日は県の行政書士会に行って職務上請求書を購入し,電子証明書入手のための登録事項証明書の交付申請をしてきました。職務上請求書はご本人の知らない間にその人の住民票や戸籍謄本を入手できてしまうという結構とんでもないアイテムです。通常は依頼者が許認可申請にあたりご自分で住民票等を取り寄せるという手間を省くとか,相続人を把握するためなどに使われます。最近では興信所にこれを売り払ったトンデモ行政書士が懲戒されているのでご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

 そのヤヴァさを実感していただくにはですね,たとえば,どこぞの中年のオジサンの氏名と住所連絡先がわかっていれば,職務上請求書をチョチョイのチョイいたしますと,そのオジサンには妙齢のお嬢さんがいることとか,そのお嬢さんが親元を離れてどこに下宿しておられるかなんてのがわかっちゃうワケです。バツイチとか隠し子とか,シティーボーイだと言ってたのに田舎出身とか,そういう隠しておきたいこともいろいろわかります。興信所だったらまだマシで,悪党だったらお嬢さん危うし!にもなりかねません。

 そんなわけで職務上請求書の入手には誓約書の提出が必要で,請求書は全てシリアルナンバーで管理され,その使用状況には行政書士会の厳しい監視のジト目光線が常に照射されております。

 しかしですねー。不正使用の懲戒もいいですけど,実効性の観点からは行政書士と探偵業との兼業もキッパリ,ハッキリ,クッキリと禁じた方がいいんじゃないでしょうかね,とワタクシは思うわけであります。と申しますのも,ワタクシが入会するときには探偵業との兼業はダメよとは言われなかったのです。モラルだの善意だのに依存するシステムは,被害を未然に防ぐという点ではワークしないんじゃないでしょうか。それに,探偵のモラルと行政書士のモラルって,とてもコンフリクトが起き易そうに思えるんですがね。

 ちなみに警察のウェブサイトなどをご覧になると探偵業も規制が厳しくなっているのがわかります。がぶりぽん事務所は金庫を盗られてもヘッチャラですが職務上請求書を盗られたらピンチであります。てなわけで早速,行政書士賠償責任保険の資料を取り寄せました。個人情報漏洩特約が高いのなんのってモウ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

意外と仕事の早いお役所

 2日前に税務署と県税事務所に開業届等を郵送で提出したところ,今日の午後にはその両方からお返事が。ワタクシはなにか不備があって補正せよという趣旨で返送されたのではないかとドキドキしながら開封しました(備える帳簿とか,もうワケわからんちんの箇所もありましたので)。すると中には受領印のついた控えが。送り状もなにもついていませんが,受領印があるからには形式的には問題なかったみたいです。ヤッター!

 二度手間のリスクを避けるためには,本当は実際に税務署に出向いて手渡しすべきだったのかもしれません。しかしなにせ管轄の税務署が遠方なうえに駅からも遠いため(有名な山寺の近所にあるんですよマッタクモウ),郵送にしたのですが,こんなにスムーズに行くなら郵送で正解であります。それにしても,郵送されたその場でハンコをついて速攻ポストに入れたみたいな仕事の早さですね。

 同時に銀行から控えのコピーを送るための封筒が配達証明付きで送られてきました。こちらも意外な早さ。この調子でサクッと口座開設までいけますように。というか,公務員さんもこんなにサクサク仕事してるんだったらワタクシもスピード起案を目指さねばなりませんねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開業届を郵送提出しました

 今日は税務署に開業届と青色申告承認申請書,県税事務所に開業報告書を郵送しました。事務所名義で銀行口座を開設するには,開業届か開業報告書のうちどちらかの控えが必要なので,実質開業準備中といえども気合いを入れて出してきたわけです。

 さて,先日届いた日本行政(行政書士会の会報)4月号を見ると,5月上旬に申請取次の研修会が東京で開催されるようです。当然気合い満タンで出席する予定です。

 記事をさらによく読むと,気になるフレーズを発見しました。どうやら今年度から講義後の考査(試験みたいなものと推察します)で一定成績をおさめないと修了証をもらえないようです。

 ふっふっふ。試験上等。カモーンであります。事前に仕込みをしていけば何とかなるでありましょう。全問正解を目標に頑張ってまいります。ちなみに仕込みとは勉強のことであります。カンニング用具制作のことではございません。

 実際の開業は,申請取次に必要ないわゆるピンクカードを取得できてからになるので,やはり6月からということになりそうです。

| | コメント (0)

行政書士登録証等を授与されました

 今日は県の行政書士会で入会手続がありました。登録は3月15日付でしたが,今日は登録証やバッジを交付されるため,簡単な式典がありました。これで正式に入会手続が完了したことになるんだと思います。所定の様式の領収書や帳簿ももらいました。その他あれやこれやをいただき,帰るときには大荷物に。デパートに寄り道していくつもりでしたが,断念して直帰しました。

 入会手続は月に2回の頻度で行っているそうですが,今回私と同期で入会した人は他に2人しかいませんでした。タイミング的には行政書士試験の合格発表直後だから,もっと混んでいると思っていたのに,ちょっと意外です。もしかして,ワタクシの住んでいるところって,ものすごい田舎なんでしょうか。

 帰宅すると以前発注していた表札が届いていました。このブログからリンクを張らせていただいている濱坂先生のブログで紹介されていたネームプラザさんで作ってもらったものです。イメージ通りで大満足の出来です。早速チェーンを通して設置してみたものの,強風のため直ちに撤収しました。なんというか,ビミョーな弱点ですね。

 さて,これでなんとか業務開始に必要なグッズはおおむね揃いました。4月になったら税務署や県税事務所に開業届等を出して,銀行口座を開設する予定です。でも報酬額を決めたり,他にも開業前にしなくてはならないことが未だ山積しているので,実際に本腰を入れて業務を開始するのは当初の予定通り6月ぐらいからになりそうです。挨拶状も,6月の方がいいかな,と思っています。・・・アレ?なんか支部長がそのうち何かの集まりで新人紹介をするからそのときには挨拶を,なんておっしゃっていたからそれより前に挨拶状を出した方がいいのかしら。むむむ・・・まあ文面だけ準備しておけばなんとかなるでしょう。たぶん

 写真は行政書士徽章。どうやら銀製の金メッキみたいです。 

Kishou

| | コメント (2) | トラックバック (0)

工人舎の軽量ノートパソコンを買いました

 いやー,ついに買ってしまいました。工人舎の白いモビルスーツ軽量ノートパソコン,サイフことSA1F00D。つい先日上位機種が出たため,1割ほど安くなっていたところを思い切って買いました。これでいつなんどきWindows環境が必要になっても対応できます。小さいから使わないときも場所を塞がないし。

 ウイルス対策ソフトにはキヤノンのNOD32を買いました。軽いという巷の噂が決め手です。学校のWindowsパソコンはめったやたらとウイルスに感染していたため(セキュリティーがザルなんでしょうな,上層部は本当に痛い目を見るまで改善するつもりがないんでしょう),ワタクシにはWindowsパソコンはコワイという印象があります。何が起こるかわからない,まったく信用ならんマシンであります。なんてったってワタクシの嫌いな某氏の率いる某社のWindowsが入ったマシンですから。だいたいですね,(以下きりがないので省略)。そこでワタクシ,ウイルス対策ソフトに加えてかなり強力な対策を考えておりますよ。これはもう究極と言ってもいいんじゃないでしょうか。すなわち,

 原則スタンドアローンで使う。

 はい,コレであります。よほどのことがない限り,ネットにはつなぎません。つなぐ時も官公庁系のサイトにしか行きません。パソコン内部に重要データは残しません。そして,普段は待機任務についてもらいます。引き出しの中で放置プレイであります。恨むなら,自分の生まれを呪うがいい。

 え? なんだかワタクシがサイフをいじめてるみたいですって? それはですね,坊やだからであります。

 というわけで,ワタクシのサイフにつける名前が決定いたしました。


 命名 ガルマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタンプ住所印が届きました

 今日は民事法と公法を集中的に勉強したものの,メタボロック症候群炸裂のため無力感にうちひしがれて終了。外出先からとぼとぼと帰宅すると,発注していたスタンプ住所印が届いていました。

 そんなもん,開業したての新人にはなくてもいいじゃないかとお思いの方もおいででしょうが,ワタクシ以前とてもカッコいいウェブサイトをお持ちの某通販会社さんから物品を購入したところ,パッケージの差出人欄が,ミミズが農薬を飲んだらかくやと思わせる筆跡で手書きされており大変ショックを受けたことがあるのです。

『あれー,ちゃんとした会社だと思っていたのに社名や住所のスタンプもないんだ。なーんだ,けっこう予算不足の小規模零細な会社だったのね。』

 ・・・と,かなりムゴいことを当時思った記憶があり,同じ幻滅を依頼者に味わっていただきたくないので,スタンプはぜひともあつらえたいアイテムだったのです。

 それに,そんなに高くなかったんですよ。一般的なサイズで制作費込みで1個2,000円くらいでした。そんなわけで,日本語版と英語版を作りました。字のサイズやバランスなどは全ておまかせしましたが,仕上がりは配慮が行き届いていて大変満足です。早くこのスタンプを請求書にバンバン押せるようになりたいものです。

 ご参考までに申し添えますと,私が今回お世話になったスタンプ屋さんはいいはんこやどっとこむさんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

留守録応答メッセージを録音しました

 15日付で登録されてからはや3日。しかしまだ日行連のサイトの行政書士検索システムのデータには反映されていないためか,噂のセールス電話もかかってきません。今までは留守録応答メッセージはデフォルトのものを使用していたのですが,晴れて行政書士事務所を名乗れるようになったので,今日はひとつオリジナルメッセージを録音することにしました。

 「はい,がぶりぽん事務所です。ただ今外出しております。ご用の方はお名前と・・・」

 一応申請取次行政書士を目指しているので,日本語の後に続けて英語でも応答メッセージを吹き込みました。いやー,結構こっぱずかしいですねコレ。がぶりぽん事務所だってワハハ,と思わず心の中で突っ込みを入れてしまいます。それに自分の声を再生するととても変な感じです。なんかどっかのオバチャンが怒ってるみたいな声でコワイです。(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日付けで登録されます

 今日は朝から晩までハードスケジュール,しかも2時間しか寝ていませんでした。でもね,ドーピングのおかげで無事に過ごせたんですよ。なりふり構っていられないので眠気覚まし薬を購入・服用しました。カフェイン満タンのエスタロン・モカ。1箱20錠入りで,5箱一度に飲むと死ぬというもっぱらの噂です。2錠で目パチなら5箱はたしかにヤヴァイかもです。

 帰宅すると県の行政書士会からお手まみが。開封すると,3/15付けで登録されるとのことです。って明日じゃん!つかあと数分ですがな!

 というわけで,あと数分したら無事に登録されます。それに伴いブログのタイトルも変更する予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)