カテゴリー「ゲーム」の記事

ファンタシースターポータブルをクリアしました

 PSP用のRPGソフト,ファンタシースターポータブルをこのほど攻略完了いたしました。

ファンタシースターポータブル Video Games ファンタシースターポータブル

販売元:セガ
発売日:2008/07/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 何を隠そうワタクシは発売日の2週間前からAmazonで予約してプレイしておりました。発売後しばらくは店頭で品切れが続出していたのも記憶に新しいところであります。それだけ話題性もあり,期待されていた大作ソフトなのでありますが・・・

 あえて言おう,クソゲーであると!!

 オネーサンは怒っておりますよ!annoy

 今時イベントシーンが止め絵というのはどういうことでありましょうか。

 戦闘システムも戦略性・アクション性ともにほぼゼロだし,グラフィックのレベル的にはサターン並みであります。PSP用RPG大作シリーズ物として,スクエニの「ヴァルキリープロファイル・レナス」なんかがありますが,レナスのイベントシーンは超美麗CGアニメがたくさんあるのであります。消費者はアレがフツーだと思っているわけでありますよ。それなのにファンタシースターポータブルときたら・・・これがPSP用のゲームとは,にわかに信じがたいほどの荒削りなつくり。

 アイテム収集系のやりこみゲームなのに,クリアデータを引き継いで2週目に入ると収集歴が消去されるし・・・何をしたいのか意味不明。

 ワタクシは,このファンタシースターポータブルが今年のクソゲー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞することはまず間違いないものと確信している次第であります。フッフッフ。catface

| | コメント (3)

モンハン夏期講習に参加しました

Mh02  本日は「昼は行政書士,夜はポッケ村のハンター」そのままのスケジュールでした。午前中に無料相談会のお当番をこなし,午後は都内で開催された「モンハン夏期講習」のイベントに参加してきました。

 いわゆるモンハンというのはカプコンという会社が出しているモンスターハンター2ndGというゲームのことでありまして,今回の夏期講習はそのカプコン主催の完全招待制のイベントでした。ワタクシはそのイベントにこっそり応募してこっそり当選していたというわけなのであります。

 ワタクシが参加したのは「女性交流コース」。意外にも最高ランクに達している方が多くてびっくりしました。みなさんとご一緒に,普段は太刀打ちできない凶悪なモンスターを倒すことができて大満足であります。「一人ではできないことも,みんなで力を合わせればできる!」こともある,ということを実感いたしました。

Mh03_3  参加者全員にうちわや特製モンハンタオルがおみやげとして配布され,物販コーナーで関連グッズをショッピング。等身大のレウス装備(左の写真)と記念撮影をして,さて帰ろうと思ったら,なんと出口のところで開発チームの方々がグッズにサインをしてくださいました。会話なんかもかわしちゃったりしたんですよ奥さん!! モンハン開発チームの方々というのは,わかりやすく例えて言うなら,「ファミコン全盛時代の高橋名人」級のであります。おまけにワタクシ,事前にガイドブック付属のDVDでお顔を拝見していたものですから,たいそう感激いたしました。ああ,楽しかったなぁ。

| | コメント (2)

遅ればせながらMHP2Gを始めました

 さてさて,ゲーム大好きなワタクシが首を長くして発売を待っていたPSPのモンスターハンターポータブル2nd G。実は3月発売だったのですが,忙しさに取り紛れて買えずじまいで,最近ようやく手にすることができました。まだ始めて間がないのですが,現時点での感想を少し書いてみようと思います。

 少しやってみてわかったのは,これは基本的には前作MHP2のエクスパンジョンのようだということであります。舞台は前作と同じ村で,前作のプレイデータをほぼ全て引き継ぎます。主な変更点は新しいモンスター,新しいマップ,そして目玉は一人プレイのときに可愛い猫族アイルーがハンター見習いとしてプレイヤーと一緒に戦ってくれるという「おともアイルー」システムの追加です。

 他にもアイテム管理が改善されて,生活面でのストレスが大幅に減少しています。この快適さを体験してしまうと,もう前作には戻れない感じであります。

 ストレスと言えば,今まではロード時間が長いのがイライラの種でしたが,今作ではメディアインストール機能が追加されたおかげでロード時間が約半分に短縮されています。メディアインストール機能というのは,マップ等のデータをメモリースティックにインストールしておくことで,ロード時間の短縮を図るというもの。この機能を使うためには1G以上のメモリースティックを別途用意する必要がありますが,その価値はございます。時は金なり。青春は待ってくれないのでありますよ。

 逆にイラッとくる点は,おなじみのモンスターの攻撃方法が増えたことでしょうか。前作までは高台のガンナーはほぼ無敵でしたが,今作では高台ガンナーを狙い撃ちする尻尾攻撃などが追加されたおかげで,ガンナーの薔薇色の日々は過去のものとなりました。

 そんなこんなでまた「昼は行政書士,夜はハンター」の二重生活が始まりそうな予感がしております。やりすぎて体調を崩さないように気をつけないといけません・・・(←こんなときに寄る年波というものを感じたりするわけでありますcatface)。

モンスターハンターポータブル 2nd G Video Games モンスターハンターポータブル 2nd G

販売元:カプコン
発売日:2008/03/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

新しいゲーム(PSP用)を買いました

 今日は,「ジャンヌ・ダルク」というタクティカルシミュレーションRPGのゲームを買って,早速プレイしています。ベスト盤で安かったので暇つぶしに買ってしまいました。ストーリーはご想像の通り,ジャンヌ・ダルクになってフランスを救おう!というものです。

 フランスを誰から救うかというと,当時ドンパチ中のイギリスはイングランドなわけでありまして,「フランスを侵略しているイギリス人は許せない!」というセリフがバンバンでてきております(今後主人公の態度が変わるかどうかは不明であります)。こりゃーイギリスの友人達にはおススメできないゲームだなぁ,と思いつつプレイしているわけでありますが,さすがに制作側も現存する特定の国及び国民を一方的に悪役にするのはヤヴァイと思ったのでありましょう,当時のイギリス国王は魔物に操られていた被害者なのです,というファンタジー色を投入し,イギリス兵をほぼ全員魔物とすることでヤヴァさの軽減を図っております。

 大胆なことにこのゲーム,ヨーロッパに持っていって売り出したそうであります。しかも驚くべきことに大変評判がよかったとのことです。一口にヨーロッパと言っても大陸側とはイロイロあったイギリスのスネの傷がしのばれますな。我が国もいろいろありましたんで,例えば仮にイギリスのゲーム制作会社が「豊臣秀吉の侵略から国を救うべく立ち上がった極東某国の村娘を主人公にしたファンタジーRPG」なんかを制作して,主人公の美少女が「日本人は許せない!」というキメゼリフを連発してアジアで大人気になったとしても,我が国としては大人の対応をすべきでしょうなー。フフフ。

Video Games ジャンヌ・ダルク PSP the Best

販売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
発売日:2007/07/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)