« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月に作成された記事

支部の集中講座に出席しました

 9月27日,28日は交通不便なわが町で支部の研修委員会・企画開発委員会共催の集中講座が行われました。テーマは法人で,設立とその後に発生する業務について概観することができるようになっておりました。設立業務についての研修はたくさんありますが,設立後,法人を運営する過程で避けがたく発生する各種業務についての研修はかなり有意義であったと思います。

 ワタクシは一応研修委員でしたのでデスク並べ等の裏方仕事をするつもりだったのですが,その場にいた先生方がバリバリやってくださったおかげでほぼ何もせずに終わってしまいました。死守できた仕事は最後の黒板消しくらいなものであります。

 次回の支部研修ではもうちょっとお役に立てたらよいなと思っております。coldsweats01

 2日間にわたる研修終了後は,食事会・2次会でのカラオケに参加しました。帰宅したのは日付が変わる直前で,ワタクシはジモティーであったにもかかわらず完全グロッキーでした。諸先生方のバイタリティはワタクシも見習わなければなりません。

| | コメント (0)

クローバーフィールド/HAKAISHAを観ました

 「騙されたと思って見てごらん,ホントに騙されるから。」などと,あちこちで酷評されている体感アトラクション型パニック・ムービー「クローバーフィールド/HAKAISHA」をレンタルしてみました。

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション DVD クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2008/09/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 これが意外に面白かったので書いておこうと思います。

 体感アトラクションというのは,画面の映像に合わせて座席が傾斜したり振動したりすることで,加速度や衝撃を疑似体験できるアトラクションのことです。大型遊園地等に設置されていて,たいていは5分くらいの短編で,いつも2時間くらいの行列ができていることが多いですね。かくいうワタクシも,体感アトラクションは大好きです。

 この作品は普通の映像だけですので,体感アトラクションほどの疑似体験はできませんが,それに近いドキドキワクワク感は十分味わうことができました。

 ストーリーというほどのものはこの作品にはありません。基本的にはこう,ゴジラ(ないし廃棄物13号)が東京の街を破壊しながら練り歩いているところを想像していただければよいかと思います。

 その下を逃げ惑う人々がおりますでしょ,その中の一人に90分テープの入ったハンディカムを持たせたらこんな感じのお宝映像が撮れるのではなかろうか,という,YouTubeにでも投稿されていそうなホームビデオです。エンドロールの音楽が明らかにゴジラのパクリ,もといオマージュというところがまた心憎い演出であります。ただ,舞台はニューヨークで制作費が数十億円というところが違うだけです,ハイ。

 ド派手なオーケストラのBGMなど,ハリウッド映画にありがちな演出はいっさいありません。見ていると一緒になって逃げ惑う気分を堪能しつつ,自分だけは絶対安全なところにおりますので不謹慎にもワクワク・ニヤニヤしながら次の展開に備えて心の中で逃げる準備をすることができます。さすがは体感アトラクション型ムービー。気分はお祭り状態で大変楽しく最後まで見ることができました。

 この作品を80分の体感アトラクションにしてくれたら,ワタクシは1万円払っても搭乗してみたいと思います!!(しかし80分も揺れまくってたらゼッタイに酔って気分が悪くなるお客さんが続出でしょうから実現は困難でありましょう・・・。)

 ところでこの作品をカップルでご覧になろうという男性にひとつご忠告。この作品にはツッコミどころが満載ですが,それをいちいちウンチクを傾けつつ批判していくと彼女に嫌われる可能性が高まります。体感アトラクションなんだから細かいことは言いっこなし。それにしてもさすがにあれは・・・と二人で仲良くニヤニヤする程度にしておきましょう。

| | コメント (0)

咳が止まらない!

 向こう一週間ほど,仕事やプライベートのサボれない用事でほぼ休みなしのワタクシ。

 そんなときに限って引いてしまうのが風邪であります。crying

 市販薬を飲んでできるだけ大人しくしていたのですが,ついに咳がとまらず睡眠に支障が出るようになりました。

 去年の今頃も気管支炎で約1か月間もひどい目に遭っておりますので,今日は早々に見切りを付け,駅前に新しくできた呼吸器科の専門クリニックに行ってまいりました。

 手際よく検査してもらい,子供時代の既往症など次々に言い当てられて,お医者さんなんだか占い師なんだかわからなくなるほどビックリしました。さすが専門医ですねー。

 診断では体質のせいで気管支が過敏になっているところに風邪のウイルスが刺激となって過剰反応しているらしいとのこと。風邪のような感染性のものではなく,アレルギー反応のようなものだとか・・・要するにワタクシは気管支ぜんそく体質らしいのであります。(←正直今まで気づきませんでした。bearing

 とりあえずぜんそく用の軽めの薬を処方されました。1週間以内に咳が引かなければもっと強い薬の登場だそうです。夕食後に早速薬を飲んで,今夜は無事に眠れますように,と開運携帯ストラップに願をかけています。

 それにしても専門医ってすごいなぁ,と感動した一日でありました。今までは風邪のときは市販薬と近所のクリニックで済ませていましたが,呼吸器系の病気は「最初は風邪だと思ったんですけど・・・」というパターンが多いようですので,今後は「市販薬でダメなら呼吸器科」という対応をしようと思います。

| | コメント (2)

深夜メールの恐怖

 今週は何だか睡眠時間が少ない1週間でした。今日こそは早く寝ようと思いつつ,夜更かしになってしまうことが多かったのです。

 その原因は何かといえば,就寝直前のメールチェックでありました。

 すっかり就寝準備を整えて,さて寝るか,でもその前に仕事関係のメールが来てないかチェックしよう・・・と思ってメールソフトを立ち上げたのが運の尽き。

 ご相談やお見積もりの長文メールが入っていたりするわけでありますよ。

 「あ・・・このメール,明日検討しますので今は見なかったことにしていいですかcoldsweats01」という誘惑が一瞬心をよぎります。

 「そういうワケにもいかんがな,見ちゃったんだし」という良心の声に従い,じっくり拝読させていただくワタクシinパジャマ。メールをプリントアウトし(←普段はしませんが,あまりに長文だと印刷しないと読みにくいのであります),マーカーを引いたりメモをとりつつ分析し,あーそれほど深刻でも緊急でもなさそう,と目星をつけるところまでで15分。

 ここでさっさと寝てしまえばよいのでしょうが,文面から必死の思いが切々と伝わってくるようなときは,一刻も早く道筋を示して安心させてさしあげたい,と思うのが人情というもの。翌日の朝イチでお返事できるよう,軽くリサーチということに相成ります。

 今後のアプローチの選択肢をいくつか想定し,ホントにそれで問題ないか条文・関係書籍・判例データベースでチェックするのに30分前後。うんうん,やっぱりこれで問題なさそうだから明日そうご提案しよう,などと思うころには草木も眠る立派な深夜になっているわけであります。

 さあ今度こそ本当に寝るぞ,と思いつつ就寝。ところが先ほどの作業で頭は完全に活性化されてしまっており,なかなか寝付けません。despair

 仕方がないので,ご心配であろうお客様にひとまず落ち着いて冷静になっていただくためにはどういう表現でお伝えすればいいのか,などとアレコレ考えているうちに,ようやく眠くなってくる,というワケであります。しかしその頃にはもう怖くて時計も見れません

 翌日は気合いで1日を乗り切り,就寝準備を完了したところで最初へ戻ります

 いかんなー。こんなことを続けてはいけない,と心の声。

 どうしてそう感じるのか,はっきりとはわかりません。ですが,プロというものはきちんと自己管理して睡眠時間を確保し,健康とスッキリハッキリした頭脳を維持するのは仕事のうちと心得ないといけないようにも思うのであります。

 例えば,入院して手術するとなったとき,執刀医の先生が寝不足だったらメチャクチャ怖いじゃありませんか。そりゃあプロなんですから寝不足でもきちんと手術してくださるでしょうが,患者の立場からするともしかしたら・・・という不安マキシマムであります。お客様も,ワタクシの返事が寝不足状態で書かれたものとわかればきっとご不安のことでしょう。

 一時のことならいいかもしれない。でも,今後もこういうことが続く可能性が否定できない以上,今のうちに深夜メールの対処法をきちんと考えておかないといけません。さて,どうしたものか・・・。

 試行錯誤ですが,当面,就寝1時間前以降はメールチェックをしない,というポリシーを設定・実行してみるつもりであります。

| | コメント (2)

比較法分野で欲しい本

 えー,創業塾のお友達のhanaちゃんが,願い事は書くとゼッタイかなうと力説していましたので,ここで今ワタクシが欲しいと思っている本について書こうと思います。欲しいとは思っているのですが,今のところ切迫した必要性がまだないのでなかなか決心がつかない本なのであります。

 まずはこちら。大学の図書館に行けばたいてい置いてある本ですが,国際親族・相続関係業務を扱うからにはぜひとも手元に持っていたい本であります。

フィリピン家族法 第2版 Book フィリピン家族法 第2版

著者:J.N.ノリエド
販売元:明石書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 次にこちらであります。


現代ムスリム家族法 Book 現代ムスリム家族法

販売元:日本加除出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 イスラム教というと遥か中東,というイメージがありますが,マレーシア,インドネシア,フィリピン等ご近所さんの国々にもイスラム教徒の方がたくさんいらっしゃいます。人的不統一法国だったりすると本国法としてイスラム法が準拠法になる場合も考えられますので,ノーマークで放置するのはリスキーに思われる分野です。

 Amazonのリンクがここに載っている間は入手可能ということですが,必要になったら買おうと思っていると,肝心なときに品切れ・絶版になってる雰囲気が今からムンムン漂っているのであります。spaほら,読者様もお感じになりますでしょ?catface

 さて,それでは願い事を書こうと思います。

  •  これらの本をいっぺんに注文する決心が早くつきますように。
  •  そのとき品切れになっていませんように。
  •  実務で大活躍しますように。
  •  買ったすぐ後に新版が出ませんように。

| | コメント (0)

大学院の夜間講座に行ってきました

 前回の記事でストップウォッチを買うぞと書きましたが,早速入手いたしました。量販店で買うつもりだったのですが,途中で飲み物を買いに百円ショップに入ったら,なんとストップウォッチを売っているではあーりませんか! こんなものまで百円ですかい,と驚きつつ,2個買ってしまいました。早速いろいろ計測していますが,面白いデータが出てきたらまたご報告しようと思います。

 さて,今週は大学院の夜間講座に行ってきました。受講生はみんな社会人。ポジティブで面白い人ばかりです。バックグラウンドも多岐にわたり,なぜか仕事のネットワークにつながりそうな気配まで漂ってきました。

 授業は難しかったけれど,先生も熱心で教え方が上手な方で,第一印象としては参加してよかった!と思っています。これからが楽しみです。

| | コメント (0)

ストップウォッチを買うぞ!

 今,今月から始まる夜間大学院でのアメリカ法講座のための予習をしていました。テキストは英語で,ハードカバーのシャア専用イエローページみたいな形状であります。

 読み始めてみるとわからない単語がバンバン出てくるので,さっそく英語の法律用語辞典の定番である「Black's Law Dictionary」で調べてみると,これが載ってないのであります。法律用語辞典に載っていないということは,つまりそれは法律用語ではないということでありますので,しかたなく普通の辞書で調べるとちゃんと載っている・・・ところが意味を見てみると,普段慣れ親しんだ簡単な単語の「雅語」のオンパレードなのであります。要するにありふれた表現を使わず,格調高い表現を多用することで著者の教養の高さを強調しているわけでありますな。(←苦労させられているのでイヂワルになっている)

 ムダに難しいのは英語だけで内容は大丈夫なのか,と聞かれれば,決してそんなことはないとお答えせねばなりません。なぜなら法律書のはずなのに経済学の考え方の説明ばっかりだからなのでありますよ。アメリカでは「法と経済学」というトレンドが一世を風靡したとかいう噂を聞いたことがありますが,これがその実例なのかもしれません。法律学単品だけでも十分ややこしいのに,そこに経済学を混ぜるとは・・・激辛カレーにキムチを一瓶まぜたものをお腹いっぱい食べさせられているようで,そのイカシ過ぎなセンスにもうね,ワタクシは今にも泣きそうであります。shock

 さて,仕事をしているときもそうなのですが,こんなふうに勉強をしているとあっという間に時間が経ってゆきます。ワタクシは今までは何事も「予定した日時までに終わればよい」というスタイルで処理してきたため,どんな作業にどれだけ時間をかけているのか,正確に計測したことはありませんでした。しかし今日の砂をかむような勉強中,ふと思ってしまったのです。

 「この勉強,時給2万円で依頼者様にチャージできると仮定して,1か月でトータルいくらになるんだろう?

 正確なところはわかりませんが,なんだかスゴい金額になりそうで怖くなってきました。coldsweats02

 時給2万円でチャージするとなれば,1分たりともムダにはできません。ダラダラ勉強なんてもってのほか,モンスターハンターで強敵に挑むときの気持ちで立ち向かわなければなりませぬ・・・とここまで考えて,このタイムチャージするつもりで取り組むという姿勢が,作業の効率を大幅にアップさせるように思われてまいりました。(気のせいかもしれないですけどネ。catface

 そこでですね,将来のタイムチャージ制への移行のためのリサーチも兼ねて,仕事とプライベートのあらゆる作業にかかる時間を計測してみたいと今日は本気で思った次第であります。

 早速明日家電量販店で,ストップウォッチを購入してまいります!happy02

| | コメント (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »