« 9月からアメリカ法の勉強をします | トップページ | 元気が出る動画 »

公益法人制度改革の研修に行きました

 今日は,県の書士会で開催された公益法人制度改革の研修会に出席しました。

 えらい長丁場の講義でしたが,途中で何度も帰りたくなるほど面倒くさそうな分野でした。(←ということは今後多くの受注が見込める有望分野ということですな,一般論としては。)

 驚いたことに,会場では同じ支部の先生方を少なくとも3人はお見かけしたのですが,みなさん途中でお帰りになってましたネ。もちろん,エスケープしたい欲求に従ったわけではなく,お忙しいからだとは思いますが・・・正直うらやましかったです,ハイ。

 さて,公益法人改革についてのファーストインプレッションを一言。本日配布された資料を見ますと,その趣旨は民間の自主自立の精神を尊重だの何だのと言われているようです。でもねー。資料に出ていた税金がらみの話を見る限りでは,要するにこれからは公益法人が事業であげる収益にもガンガン課税してゆきたい,そんなところに狙いがあるような気がいたしました。実際はどうなんでしょうネ。

|

« 9月からアメリカ法の勉強をします | トップページ | 元気が出る動画 »

行政書士(業務関連)」カテゴリの記事

コメント

それね~、税制部分が最後まで隠されてた事実からしても、「気軽に一般社団・財団つくってもらってバンバン課税」ってカンジは否めませんやね(^_^;)

けど私が参加中のサンガの会などは、誰でも入れるNPO法人ではそぐわないので、このカタチをめざすしかないんだろうなぁ。

投稿: Okei | 2008年8月30日 (土) 16時53分

Okeiさんこんにちは。

 そうですねー。公益認定が実際にどんな運用をされてゆくのかも,かなり興味深いですね。

 実際に認定を行う委員会とか,かなりの仕事が発生するはずですけど,メンツは役人とか役人OBなんでしょうかねー。どんだけの費用が税金でまかなわれることになるのだろう,すごいなぁ,とミョーな感心することしきりでした。

 業界的には特需発生でウッシッシなのかもしれませんが,実際に公益分野で活動されてる方々にはメリットのあるよい制度になってるのでありましょうか・・・。

投稿: がぶりぽんチョコ | 2008年8月30日 (土) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9月からアメリカ法の勉強をします | トップページ | 元気が出る動画 »