« 国際消費者契約について勉強しました | トップページ | タイムチャージ制について思う »

翻訳と文書作成

 今日は急ぎの翻訳の仕事があったのでそれを片付けました。祝日でしたが天気も最悪でしたし,早くスッキリして先に進みたかったのであります。

 今までは英語関係のお仕事だと,タダ働き案件である友人の本の翻訳は別とすれば,意外にも純粋な翻訳というのはあまりありませんでした。ご希望の内容をうかがって,一から文書を作るという,英文文書作成業務が多かったのであります。

 英文文書作成業務も,まあそれなりにルーチンでサクサクできるのですが,今日,かなり量の多い翻訳をしてみて,一つ気がついたことがありました。

 文書の内容を一から考えなくていいって,スゴくラクですshine

 ワタクシ以前から文書作成というのものに苦手意識を持っておりました。若い頃に比べれば大分マシにはなってきたと思っているのですが,翻訳がこんなにラクチンに感じるということは,まだまだ精進の余地ありということなのでありましょう。

 うーむ。もっと数をこなして慣れてゆくしかないのかなぁ。

|

« 国際消費者契約について勉強しました | トップページ | タイムチャージ制について思う »

行政書士(業務関連)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ご自分で翻訳ができるって素晴らしいですねhappy01。私も見習いたいものです。
国際業務で、中国語や韓国語の翻訳もご自分でされるのですか?

投稿: YU | 2008年3月22日 (土) 01時31分

 YUさんこんばんは。

 中国語や韓国語もですか? まーさーかー!coldsweats01

 そういう言語の案件は入管関係でありましょうか。まだ扱ったことがありませんが,来たら翻訳は速攻で外注にまわすと思います。

 ちなみに英語の翻訳はどこの国でも翻訳家の数が多いので,入管案件で出てくる特殊言語の書類は,日本で日本語に訳すよりも現地で英語に訳した方が安く上がります。

 入管の中の人は英語は問題なく読めるという話ですので,よほど込み入った内容でなければ原本に現地調達の英訳をつけた状態で出しちゃってもオッケーかもしれません。

投稿: がぶりぽんチョコ | 2008年3月22日 (土) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国際消費者契約について勉強しました | トップページ | タイムチャージ制について思う »