« 一度にたくさん | トップページ | 古書店の店じまいセール »

特定口座の落とし穴

 明日から待ちに待った確定申告受付開始ですね。ワタクシも事務所の青色申告を今まで必死に準備してきましたが,確定申告というのはプライベートの収支も書くところがあるので今日はそれをやりました。やりました,と言っても結局終わらなかったところがミソであります。

 ひっかかってしまったのは,米国株式の売却益。そんなの証券会社に特定口座を開設してればオッケーじゃん,とおっしゃる方もいらっしゃることと思います。かくいうワタクシもそのように考えて放置してきたのですが,ワタクシの使っている証券会社の特定口座では,米国株式を管理できないということを発見したのが何を隠そう今日なのであります。(^^;

 特定口座で管理できないということは,売った値段から売却・取得費用を引いて利益を計算して申告する必要があるということなのですが,これがエライ大変なのであります。まず,米国株式というのはドル建てで購入・売却するのでありますが,確定申告では円建てで記入する必要がありますので,証券会社の購入・売却当時の為替レートを調べなければなりません。

 ワタクシが昨年売却した米国株を購入したのは今を去ること8年前。しかも同じ銘柄を数回に分けてコツコツ購入しているのでありますよ。当時の為替レートを求めて証券会社のウェブサイトを熟読玩味してみたのですが,結局よくわからないのでカスタマーサービスにメールで質問するしかなさそうです。

 ところが今はカスタマーサービスが税金がらみの質問攻めにあって大変混雑する季節なのですね。いつ返事が来るか検討もつきません。計算はホントに苦手なワタクシ。「言い値で払うから税務署様が計算して下さい」という気分になってまいりました。もう泣きそうであります。(T_T)

|

« 一度にたくさん | トップページ | 古書店の店じまいセール »

プライベート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一度にたくさん | トップページ | 古書店の店じまいセール »