« 特定口座の落とし穴 | トップページ | 面白かった決算書の読み方本 »

古書店の店じまいセール

 先日,所用の帰りにバス停近くにある古書店に立ち寄りました。なんだか異様に人が多いな,と思っていると,なんとその日がそのお店の店じまいの日だったのであります。(いやー,田舎ってホントに不景気ですね。)その日は店じまいセールということで,全ての本が半額になっておりました。

 これはチャンス!ということで,今まで古本のくせに生意気な値段にムカついていたあの本やこの本をゲットしてまいりました。しかしその日はあいにくと荷物が多かったため,量を買い込むことができなかったのが心残りであります。

 買ってきた本の中で,一番面白かったのはこちらです。

アンダーグラウンド・ビジネス最前線 (Yosensha Paperbacks) Book アンダーグラウンド・ビジネス最前線 (Yosensha Paperbacks)

著者:夏原 武,江 建,日名子 暁,李 策,鈴木 智彦
販売元:洋泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 地下銀行,偽装結婚,戸籍リセット,非弁提携,NPOを利用した生活保護詐取等々,行政書士がニアミスする可能性のある犯罪の手口が紹介されています。行政書士の研修会などでは,「気をつけるように」とは言われるものの,どこをどう気をつけるのかはあまり教えてくれなかったりしますので,こういう突撃取材本はとても興味深く読みました。

 犯罪者の方々って,ホントに創意工夫と努力を怠らないかたがたですね。次から次へとスゴいアイディアばかりであります。頭もいいのに,その溢れる能力をかたむけるベクトルが社会規範とずれとるんですな。惜しいことです。しかし,行政書士等の士業の人間は,ときにそんな犯罪者の方々にとってネギをしょったカモに見えているという実例を見ると,小心者のワタクシなどは本気でビビってしまいます。

 日頃あんまりポヨヨーンとしてますと,行政書士が知らない間に犯罪に利用されてしまい,気がつけば警察からまずは任意でお尋ねが・・・なんてことにもなりかねません。弱みに付け込まれないように,そして先輩の先生方にも相談しながら,気をつけて業務にあたろうと改めて考えさせられました。

|

« 特定口座の落とし穴 | トップページ | 面白かった決算書の読み方本 »

行政書士(業務関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 特定口座の落とし穴 | トップページ | 面白かった決算書の読み方本 »