« 相談会&賀詞交歓会に出席しました | トップページ | 兄弟に,「相続させ」たいとき »

お能を鑑賞しました

 今日は東京の宝生能楽堂でお能を鑑賞しました。お正月なので最も格式の高い儀式能の「翁」が演目にあり,ワタクシはこの「翁」が大好きなのでどうしても見たかったのであります。装束も武士の第一級礼装ですのでカッコよく且つ美しく(江戸時代ではなく鎌倉時代のお侍をイメージすると近いかも),シテ方も狂言方もたいへんよいお声でご祈祷の一言ひとことも耳に心地よく,ああめでたいなぁ,世界の皆さん,みんなで幸せになりましょーう,と心の中で唱和するほど幸せな気分になったのでした。「翁」はお能というより神事なので,お正月を海外で過ごしたワタクシにとっては初詣も兼ねて一石二鳥であります。

 続く「胡蝶」も下ろした黒髪に蝶の飾りのついた冠をつけての舞いがとても優雅でした。あの冠・黒髪・上が紫に赤い袴というパターンはワタクシの一番好きな女性キャラの装束であります。

 「国栖」は天皇役の子方が愛らしく,長時間お行儀よく座っているところなどはまことに健気でありました。しつけの良い子供というのは近頃は絶滅危惧種でありますからして,将来子供を持つことがあれば伝統芸能か武道の世界に放り込んでビシッと仕込んでもらう,というのも絶滅回避の戦略としてはアリかな,と思うのであります。

 ・・・とまあ長時間眼福にあずかって考えたことは,お能の役者さんというのは日本人男性のカッコ良さがマキシマムに達した姿なのではないかな,ということであります。どこがどうカッコ良いか,ワタクシが女性としての独断と偏見で分析してみますと,だいたい次の通りであります。

 1)深くてよく通るお声。聞いているだけで心地よい,アルファ派が出ている感じの声です。
 2)美しく発音される,美しい日本語。
 3)細部までコントロールの利いた,気品のある所作。
 4)そしてなにより,ピンと伸びた背筋

 やっぱり4)の背筋が一番ポイント高いですかね。背筋が伸びているか猫背かで,カッコ良さは3割から4割ほど違うんじゃないでしょうか。手っ取り早くカッコ良くなりたい男性のみなさんは,背筋を伸ばすと即効性があると思われますのでお試しください。そして仕上げに

 5)なにやらストイックな雰囲気

 これを醸し出すと完璧であります。

 お能を鑑賞した後には,新宿のこと・ことにてとってもおいしいお料理を堪能しました。ああ,幸せだなぁ。生きててよかった♪

 本日おつきあいくださったOkeiさん,にゃんたろーさん,ドン・キホーテさん,どうもありがとうございました。またご一緒に遊んで下さいね。(^-^)/

|

« 相談会&賀詞交歓会に出席しました | トップページ | 兄弟に,「相続させ」たいとき »

プライベート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 相談会&賀詞交歓会に出席しました | トップページ | 兄弟に,「相続させ」たいとき »