« エクセルで図面作成 | トップページ | 理念・ビジョン・目標 »

粉飾決算のキモチ

 明日から三日間,商工会の創業塾で事業計画を勉強します。事業計画書の用紙は初日に配布されており,予備はいくらでもあるからドンドン書いてオッケーですよと言われたこともあり,今日はそれを見ながらいろいろ考えてみました。

 事業計画書というのはおよそ事業を始めようとする人はみーんな作っておくべきもの,とされております。そんなもの作らんと,成り行きで創業しちゃったよ,という方も,融資を受けようと思ったらほぼ間違いなく作らなくてはならないそうです。つまり,実質的にはメインの目的は融資を受けるため。二次的な効果として計画的な経営ができるようになる,ということが期待されているようです。

 そうすると,ワタクシのように既に事業を開始してしまった人よりも,今はまだ計画段階です,っていう人の方が有利なこともあるという気がしてきました。なぜかというとですね,がぶりぽん事務所があまりにも儲かってないからでございます。

 創業計画段階でしたら,これから儲かるか儲からないかまだわからないわけであります。ナイスな事業目的,そしてその目的達成のための手段をリアルに計画していけば,まあ融資しようかな,という気にもなりましょう。儲かるかもしれない事業ですから。

 でもねー。開業したけどなかなか儲からない現状,というところからスタートすると,もうスタート時点でマイナスになっているのでありますよ。それがわかっているからワタクシも実際の融資なんぞハナから期待はしていないわけでありますが,一応ロールプレイで融資を受けたい人,というキャラ設定になってますので,チョッチ恥ずかしい事業計画になっております。トホホ。(T_T)

 上場企業でもないのに粉飾決算をする中小零細企業の経営者の気持ちがようやくわかってまいりました。きっとその方々は,融資を申し込もうにも,あまりに儲かっていないから,実際はそこそこやってます,みたいな架空の売上を計上したりするんでしょうねー。または,「後でキャンセルしていいからとりあえず明日中に何か注文してオネガイーー」とかであります。

 ワタクシもですね,日曜日に参加者全員の前でプレゼンの予定なので,とりあえず何か発注して下さいと全国に向けてオネガイしたい気分であります。

|

« エクセルで図面作成 | トップページ | 理念・ビジョン・目標 »

行政書士(業務関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エクセルで図面作成 | トップページ | 理念・ビジョン・目標 »