« アメリカ出張時の通信環境 | トップページ | 病床数削減勧告処分の取消訴訟(1) »

ついに来た! アノ電話

 今日の午後6時頃,事務所に電話がかかってきました。受付時間は過ぎていましたが,たまたま在室していたので電話をとってみますと,あの「銀行に置いてある朝日グラフのような雑誌」というフレーズで有名な「国際ジャーナル」という雑誌からの取材の申込でした。(どこがどう有名かはみなさまご自身で検索なさってみて下さいネ)

 ワタクシの登録年月日なども詳しくご存知で,何でもワタクシの地元で開業間もない士業のセンセイがたを中心にとりあげたいとか。うーん,御社もなかなかツミな企画をなさいますな,フフフ。

 この雑誌と,その出版社の編集方針というかビジネスモデルについては,ネットでいろいろと,ええ,そりゃもういろいろと噂にきいておりました。ところでワタクシは基本的にマスコミの取材は一切お断り,というポリシーで恙ない人生を送っております。そこで今回もその例に従ってお断りしたというわけであります。

 もしワタクシに予備知識がなく,マスコミ歓迎のポリシーを掲げておりましたら,この先さらに金欠が進んでいたことでありましょう。ワタクシと同時期に登録された士業のセンセイがたのところにも,そろそろ取材の申込が行くかもしれませんぜ,フフフ(←無免許医ブラック・ジャック先生風に)。

|

« アメリカ出張時の通信環境 | トップページ | 病床数削減勧告処分の取消訴訟(1) »

行政書士(業務関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アメリカ出張時の通信環境 | トップページ | 病床数削減勧告処分の取消訴訟(1) »