« マイブーム | トップページ | 行政書士2名,偽装結婚加担で逮捕 »

違法ロシアンパブ摘発

 今日ニュースを見ていたら,東京の錦糸町駅付近のロシアンパブが一斉に警視庁と東京入管により摘発を受けたそうです。短期滞在の在留資格で働いていたロシア人ホステスら49人が摘発,14人が逮捕されたとのこと。いい機会ですので推測で状況を分析してみましょうか。

 まずロシア人女性についての被疑事実。短期滞在の在留資格では収入を伴う事業を運営する活動又は報酬を受ける活動が禁止されています。ホステスとして稼働するのは報酬を受ける活動にあたりますのでこれは入管法19条1項2号違反ですね。刑事罰は1年以下の懲役もしくは禁錮もしくは200万円以下の罰金,又はその併科です(73条)。専ら性があれば退去強制開始事由に該当します(24条4号)。この場合は3年以下の懲役もしくは禁錮もしくは300万円以下の罰金,又はその併科です(70条1項4号)。

 それからパブの経営者や就職を斡旋したブローカー,これは73条の2第1項各号のどれかに該当するでしょうから不法就労助長罪ですね。3年以下の懲役もしくは禁錮もしくは300万円以下の罰金,又はその併科です。

 次に,手続面。どうして入管と警視庁が合同で摘発したのでしょうか。これは推測ですけど,不法就労外国人は退去強制で追い払ってしまえばある意味一丁上がりです。でも パブの経営者といった関係者には日本人もきっといたはずで,日本人は退去強制はないですからねー。日本の刑事手続で処理するより仕方がありません。そこで 入管が不法就労外国人の身柄をひきとって,警察が日本人の身柄を押さえたのではないかな,と思います。

 摘発が49人で逮捕が14人となっていますが,仮に逮捕された者の中にロシア人女性が入っているのであれば,どこからその差が出てきたのかが興味ありますね。

 入管(入国警備官)による捜索は,性質的には行政調査としての臨検,捜索及び押収(31条)ですね。同様の性質を持つものにマルサのガサ入れがあります。ロシア人女性の身柄収容は,収容令書をもって行うのが原則です(39条)が,入管が捜索前にターゲットとなったパブで働くロシア人女性全員の氏名等を把握できていたとは考えにくいです。おそらく43条の「要急収容」で現場にいた不法就労ロシア人女性の身柄を片っ端から確保したのでしょう。

 警察による捜索は,刑事訴訟法の218条でしょうかね。場所を捜索して現行犯として逮捕したのか,それとも経営者について逮捕状を取ってから,逮捕の現場における無令状捜索をしたのかが気になりますが,店舗内の捜索を可能にするには場所についての捜索令状をとっておくのが安全ですから場所の捜索令状じゃないかなー。今度学校に遊びに行ったとき,先生に聞いてみよっと。

 あ,そうそう。今回の摘発を受けたパブには,就労可能な在留資格を持っていたロシア人女性が117人いました。そのうち92人が日本人の配偶者。警察は偽装結婚かどうか捜査するそうです。本件に関わった申請取次行政書士,たぶんいるんでしょうけど大変ですねー。知ってて手伝ったのなら問題外ですが,本当にすっかりだまされちゃった先生がいらしたらお気の毒様です。

 偽装結婚は絶対にお断りです,と最初に説明し,虚偽の申告はしない,偽造の書類は差し入れないと一筆取ること。書類のチェックはきちんとすること。夫と妻の両方を一人ずつ面接して詳細にチェックすること。夫妻の居宅の現地調査を行い,夫婦としての生活実態があるか調査すること。怪しい案件は引き受けないこと。どうして自分がこの案件は大丈夫だと思うのか,判断の根拠となる事実を整理しておいて,いざというときにキッチリ警察に説明できるようにしておくこと。説明がつかない案件は,受けるべきではないでしょう。日配への資格変更の申請取次をする場合には,最低でもこれくらいは徹底しておかないと,いつ何が起こるかわかりませんね。申請取次をなさる先生方にもいろいろなポリシーの方がいらっしゃいますが,ワタクシは安全第一,信用第一で業務を行ってゆきたいと思います。


 

|

« マイブーム | トップページ | 行政書士2名,偽装結婚加担で逮捕 »

行政書士(入管関係)」カテゴリの記事

コメント

消費者契約法と特定商取引法の全5回、おつかれさまでした♪ 勉強時間が全く取れない昨今のワタクシといたしましては、チョコさんの爪の垢を煎じて飲ませていただき形だけでも修練不足を補ったつもりの安心を得させていただきました次第であります、ハイ。

私のところに来るのは専らP国系の日配ですが、こちらは入管そのものがかなり警戒してくださっているのでそもそも不許可になることが多いようですが~ロシアは大穴でしたねー。偽装を疑わなくても大丈夫そう、って思っちゃった先生、いたでしょうねー。
くれぐれも安全第一・信用第一でまいりましょうねー♪

投稿: Okei | 2007年6月20日 (水) 23時29分

 Okeiさんこんばんは。聞くところによると,ロシア案件だと聞いた瞬間「金髪!金髪!」と興奮する先生方もいらっしゃるそうですよー,真偽のほどは未確認ですが。

 でもって,ロシア人女性もそういう趣味の日本人男性がいることはわかっていて,武器として最大限利用するそうです。昔OO7でありましたねー,ロシアの美人スパイ。プロ意識が試される瞬間とかもあるのでしょうねー,私たちには関係ないですけど♪

投稿: がぶりぽんチョコ | 2007年6月21日 (木) 00時31分

な、なるほど~~大変勉強になりました。
推測とはいえ、ニュースひとつとっても、
ここまで深く考察できるのですね・・・
私もしっかり条文から学ばせていただく所存です。

あと、登録証交付式や申請取次研修では
一部の行政書士が起こした不祥事について
散々聞かされ、本格的に業務を行う前から
やや及び腰でしたが、最初にきちんとしておくことが
大事ですねー。がんばります!

投稿: Kiyo | 2007年6月21日 (木) 00時49分

 Kiyoさんこんにちは♪

 入管関係の業務は常に危険と隣り合わせだと,ワタクシも認識しています。特に経験が浅くて仕事をのどから手が出るほど欲しがっている行政書士が悪徳ブローカーなどに目をつけられるということです。気をつけないといけませんね。あー恐っ!

投稿: がぶりぽんチョコ | 2007年6月21日 (木) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/250693/6856654

この記事へのトラックバック一覧です: 違法ロシアンパブ摘発:

« マイブーム | トップページ | 行政書士2名,偽装結婚加担で逮捕 »