« 申請取次事務研修会考査予想問題(4) | トップページ | 生後認知と国籍について思う »

相続・遺言関係の復習をしました

 えー,ワタクシは今月末から,市内の行政書士で行う月1回の無料相談会に見習いとして参加する予定であります。今からかなりドキドキものなので,今日はその準備として最も頻度の高い相談内容である相続・遺言関係の復習をしました。親族・相続は実務では本当に需要のある分野のようですからきちんと押さえておかないといけません。

 ワタクシは法律の勉強をする際に具体的に自分が事案に関わっている状況が目の前に描けないとモチベーションが一気に下がるという怠惰な性格なので,自分が素人さんならどういう質問をするだろうかと仮想してみることにしました。そして,相続が気になる方というのは,とりあえず遺言がないと法的にどういう相続財産の処理がされるのか,遺言でどこまで自由 に財産を処分できるのか,共同相続人の一部が抜け駆けして財産を自分のものにしたらどうすればいいのか,といったことに興味があるのではなかろうか,と想 像いたしました。

 そこでとりあえず今日は相談に来られた方からの質問であると妄想しつつ,物権変動がらみと相続分の計算について,学生時代に使用した(にしては異様に保存状態のよい)問題集をつぶしました。遺産分割と登記。相続放棄と登記。寄与分・遺贈があった場合の処理の順序などなど,計算問題も含めて解きました。学生時代は「うざい」とか言ってた計算問題ですが,今見るとなにやら懐かしい感じであります。懐かしいと感じるくらいですからうっすらとしか覚えておりません。つまりあらかた忘れていたのであります。ムムムっ,寄与分おそるべし,遺贈あなどりがたしっ! ・・・まあ最終的には思い出したので今日はこれでよしとします。

 親族・相続がらみの基本問題はサクッと正確にできないと,実務で信用を得るのが難しいでしょう。ワタクシは見るからに他の先生方より頼りないですから,他の先生方よりたくさん精進しないといけません。「これはですねー,」などと実際に説明してみるところまでできればさらに練習になったのかもしれませんが,家人が心配するといけないのでイメージトレーニングだけでやめておきました。

|

« 申請取次事務研修会考査予想問題(4) | トップページ | 生後認知と国籍について思う »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/250693/6316572

この記事へのトラックバック一覧です: 相続・遺言関係の復習をしました:

» 東京法務局 [東京法務局]
東京法務局の役割は?東京法務局名前は聞いたことあっても、意外と何やっているか知らないことありますよね。東京法務局でどんなことが出来るかお教えします [続きを読む]

受信: 2007年5月 6日 (日) 12時04分

« 申請取次事務研修会考査予想問題(4) | トップページ | 生後認知と国籍について思う »