« 犬が「お嬢様」と呼ばれるのを目撃しました | トップページ | 非イスラム教徒との婚姻を禁止する国の人との結婚 »

パスポート認証ひな形を作成しました

 みなさまの中には海外口座に興味をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。日本では銀行の預金の利息とか株を売った利益とかにガッツリ課税されますが,海外にはそういう税金がないところもあります。そういうところはタックス・ヘイブンすなわち租税回避地と呼ばれております。そこで節税に励む世界中のお金持ちがそういう国で口座を開設し,資産運用をしているわけです。ワタクシもねー,いつかスイス銀行に秘密口座のひとつも持ってみたいというのが夢なのですよ,ゴルゴ13なみに稼ぐようになったときに。

 まあゴルゴ13みたいな大金持ちは無理でも,近頃では100万円もあればタックス・ヘイブンに口座開設できるということで,香港とかマン島とかの銀行で夢とロマンの口座をつくる方が増えてきました。いいですねー。ワタクシも大好きですタックス・ヘイブン。国際的お金持ちの第一歩。

 ところで,日本にいたまま海外口座を開設をしようとすると,いろいろ面倒です。日本で銀行開設するときには,免許証を持っていけば窓口の人が免許証の写真を見て本人確認してくれますが,海外の銀行だとまず免許証が読めません。そこでパスポートのコピーをとるわけです,パスポートの写真のついているページには,英語の記載があるから大丈夫というわけです。しかし窓口で写真と本人を確認してもらうわけにもいきませんから,パスポート認証という手間がかかります。コピーなんていくらでも偽造できちゃいますしね。外国だとこれは公証人の仕事だったりすることが多いのですが,日本の公証人の権限にはパスポートのような公文書の認証が含まれていないため,弁護士や行政書士にお鉢がまわってまいります。公証人も宣誓認証という方法を使えば実質的に同じかそれ以上の効果を得ることができるのですが,なにせコストがかかるというので不人気です。

 そこで今日はこの業務に対応するため,パスポート認証のひな形と,認証権限を証明するための行政書士証票の翻訳文を作成しました。もともと英語はわりと得意でしたので,翻訳文の作成はまあそれなりに簡単だったのですが,認証に使う文章というのは普段使う英語とはかなり異なる特殊な法律英語を使用するため,ちょっと敷居が高いです。ワタクシは,最近英語圏の公証人が公文書の認証をしている文書を目にする機会がありましたので,そこで使用されている表現を参考にしながら作成しました(パクったともいいますね,ハイ)。パクリ元がいいから海外銀行さんも納得のナイスな出来具合と自負しております。ムフフ。

 まあ,パスポート認証業務は,依頼者にパスポートとそのコピーを持参していただき,目前でサインを実演していただき,あとはそれらとご本人が一致することを確認してサイン・職印・契印押しておけば完了ですからそんなに難しくないんじゃないかと思っています(したがって報酬はお安くしています)。将来的には口座開設完全サポートパックとかも,やってみようと思います。タックス・ヘイブンはロマンです!がぶりぽん事務所はあなたの夢を応援しますよ!

|

« 犬が「お嬢様」と呼ばれるのを目撃しました | トップページ | 非イスラム教徒との婚姻を禁止する国の人との結婚 »

行政書士(業務関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犬が「お嬢様」と呼ばれるのを目撃しました | トップページ | 非イスラム教徒との婚姻を禁止する国の人との結婚 »