« 非イスラム教徒との婚姻を禁止する国の人との結婚 | トップページ | バージニア工科大銃乱射事件 »

電子定款認証の研修会に参加しました

 今日は県の行政書士会主催の,電子定款の認証についての研修会に参加しました。会場は大入り満員。講師は公証人の方でした。電子定款認証は4月1日から新方式に移行したので,気をつけなければならない点についての説明は当然ありました。いやはや,ワタクシ今日の研修会に出なければ電子定款作成業務などとてもできなかったでありましょう。

 しかも今日の講義は,新方式の説明だけでなく,定款の記載事項についての説明や,公証人の機能についての説明が特にためになりました。公証人は元裁判官とか元検察官の方が多いですから,条文・定義・制度趣旨から論理的に説明されるので異様に説得力があります。そしてわかりやすい。

 実はワタクシ,学生の頃は公証人というものはハンコ1発ウン万円の超ラクチンな仕事であるからして将来は是非とも公証人になりたいものである,などと考えていたのですが,今日の講義を聴いて認識を改めました。公証人は大変なお仕事であります。ラクしてもうかる道はありませぬ。

 今日心の中で「へぇ〜」ボタンを押したのは,次のような事柄でした。今日の研修会では守秘義務アリなんて言われていないので,書いちゃってもオッケーでしょう。

1)ときどき公証人のパソコンで,電子署名に「?」マークがついてしまうことがあるが,電子署名の真偽と有効期間のチェックは認証局の段階で済んでいるので,公証の効力に影響は出ない。

2)ひとたびPDF化して電子署名をしてしまうと,もはや修正はできない。認証は取り消せないから,手数料も返金できない。しかしどうしても修正しないといけない事情が生じたときには,「誤記証明」で対応することで2度払いを防ぐことができる。

3)日公連のサイトで公証人謹製のナイスなひな形が多数掲載されているからみんなでパクろう。

4)年金分割については,当事者の利害が鋭く対立する局面であるため,双方代理禁止の趣旨から原則どおり各当事者がそれぞれ代理人を立てるべきである。

 他にもためになることはいっぱいあったのですが,今日はこの辺で。こんな素晴らしい講義が資料代の5百円だけで受けられるなんて,研修会サイコーであります。こんな研修会をしょっちゅうやっていただけるなら,高いお金を払って行政書士の登録をした甲斐があったというものです。

|

« 非イスラム教徒との婚姻を禁止する国の人との結婚 | トップページ | バージニア工科大銃乱射事件 »

行政書士(業務関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/250693/6137510

この記事へのトラックバック一覧です: 電子定款認証の研修会に参加しました:

« 非イスラム教徒との婚姻を禁止する国の人との結婚 | トップページ | バージニア工科大銃乱射事件 »