« 内容に無効・取消事由の瑕疵ある執行証書 | トップページ | 行政書士用電子証明書の申請をしました »

問い合わせメールへのレスポンス

 印紙代4万円がお得な電子定款ブームが続くなか,がぶりぽん事務所でも電子定款作成業務に対応すべく,着々と準備を進めております。Windowsノートパソコンも買ったし,Adobe Acrobatも導入したし,あとは行政書士用の電子証明書のみです。

 この電子証明書を購入するのがまたえらく面倒なのですね。必要書類がたくさんあるのです。申込書の他に,行政書士の登録事項証明書,住民票,さらに印鑑登録証明書が必要で,印鑑登録証明には実印の登録が前提となりますから,私はとりあえず安いハンコ屋さんで実印を購入するところから始めなくてはなりませんでした。そして,行政書士の登録事項証明書は発行してもらうのに約1か月かかります(そして手数料は2千円もとられるのであります)。

 ちなみに実印を悪用されるのがコワイという方は,用のある時だけ印鑑登録をして,用が済んだらすかさず廃止するというのがベストな保管方法であると思います。実印とは印鑑登録してあるハンコのことですから,印鑑登録していなければ,どんなに立派なハンコでも実印にはなりません。(もっとも,印鑑登録証明書の有効期間は3か月間ありますから,この間は悪用される恐れがあるように思われます。)

 そんなわけですから,これから行政書士を開業しようという方で,電子定款作成業務を扱う予定の方は,登録されましたよ,とのお知らせが来た時点ですかさず登録事項証明書の発行申請をなさるとよろしいと思います。実印をお持ちでない方も,とりあえず何か安物を作って印鑑登録をしておかれるのがおすすめです。将来お金持ちになったらワシントン条約違反のマテリアルでも使って立派な実印を登録し直せばよろしいのです。

 さて,ワタクシのところに県の行政書士会からは登録事項証明書が準備できたのでとっとと都合のよろしいときに取りに来るようにとのFAXがとどきました。住民票も印鑑登録証明もゲット済ですので,あとは申請書を書いて登録事項証明書を取りに行った足で書留で出してしまえば申請については一段落です。

 ところが,記入方法についてちょっと疑問が生じたので,先週メールで電子証明書を販売している某商工会議所に問い合わせをしておいたのですが,2営業日を中にはさんで未だに返事がきません。仕方がないので明日の朝にでも電話をかけてみようと思っています。実は電子証明書はただいま値引きキャンペーン中で,そのキャンペーンは4月末日で終わってしまうので,ワタクシは若干焦り気味なのであります。ああもう,イライラするなぁ!本当は3営業日くらい待つのがベターなのかもしれませんが,待つ身には長いです。3営業日も待てるかぁ!どういう殿様商売しとんじゃぁ!(←菅原文太風に)という気持ちになります。

 もって他山の石とするということで,ワタクシも仕事で問い合わせメールをいただいたら,とりあえずすかさずお返事を書こうと思います。「○○についてのお問い合わせのメールをありがとうございました。この件につきましては後ほど改めてお返事を差し上げたいと存じますので,しばらくお待ちください」という実質的には中身カラッポのお返事だけでも,メールした方は多少安心して待てるような気がするんですよね・・・気のせいかな。

|

« 内容に無効・取消事由の瑕疵ある執行証書 | トップページ | 行政書士用電子証明書の申請をしました »

行政書士(業務関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/250693/6189179

この記事へのトラックバック一覧です: 問い合わせメールへのレスポンス:

« 内容に無効・取消事由の瑕疵ある執行証書 | トップページ | 行政書士用電子証明書の申請をしました »