« 不健康で文化的な生活 | トップページ | 申請取次事務研修会の受講票が送られてきました »

六法の二刀流

 えー,読者のみなさまの中には,法律の勉強をなさっている方もいらっしゃるかもしれませんね。法律の勉強にかかせないのが条文集,すなわち六法であります。

 ワタクシも学校で法律を勉強していた頃には,先生がよく六法を忘れてきた学生に「六法は法律家にとって武士の刀のようなものである。それを忘れるとは何事か」とか,「六法は法律家にとって相撲取りのフンドシのようなものである。それを(以下同文)」などと言ったものです。そこでワタクシが「先生,お言葉ですが関取が取り組みに際して着用しているのはフンドシではなくマワシであります。」などと下らぬツッコミを入れて場の雰囲気を壊し,先生の不興を買ったのも今では懐かしい思い出です。いいんです狙ってやったんですから。世間でいけないとされていることを正しいと信じて行う,これを確信犯といいます。

 話があらぬ方向へそれましたが,要するに六法は大事な商売道具なのであります。学生さんがよく使うのは一番小さくて軽いポケットタイプの六法です。これは2千円でお釣がくるような価格帯で,持ち運びに適しています。

ポケット六法〈平成19年版〉 Book ポケット六法〈平成19年版〉

販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 しかし法律の勉強で条文の次くらいに大事なのが判例です。実務の運用は判例の示した解釈や基準で動いているからです。そこで学生さんが自宅で勉強するときに使うのが判例六法です。これはそれなりに高いし重いけれど,授業に持ち込むと先生にいきなり当てられたときに助かったりするのでおすすめです。しかし収録条文数がポケットタイプのものより少なかったりするのが弱点です。

有斐閣判例六法〈平成19年版(2007)〉 Book 有斐閣判例六法〈平成19年版(2007)〉

販売元:有斐閣
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 そして判例付きでありながら収録条文数も多い六法をプロは使用しているのであります。それは模範六法。値段も重さも最高ランク,もはやバッグやリュックでの持ち運びは非常に困難です。しかしながら,使ってみるとわかるその便利さ。たいていの条文は載っていますし,判例もついているので結局これが一番役に立ちます。運べないけど。(カートに入れれば対応できるかもしれません。)

模範六法〈2007(平成19年版)〉 Book 模範六法〈2007(平成19年版)〉

販売元:三省堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 さて,ここで本日のテーマ。六法を引くとですね,1箇所見ただけではたいてい用事は済まず,同時に別の条文を見なければならないことになるのです。多くの人はここで指とか赤ペンとかを挟んで両方見るのですが,最近学校から解放されたワタクシは荒技を編み出しました。その名も六法二刀流。がぶりぽん事務所には六法が3冊あるのです。そのうち2冊は判例六法と模範六法。デスクにデーンと両方置いて,それぞれ用のある箇所を開けば見やすさが大幅にアップします。今年の行政書士試験を受験される読者のみなさまも,是非お試しあれ。

|

« 不健康で文化的な生活 | トップページ | 申請取次事務研修会の受講票が送られてきました »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不健康で文化的な生活 | トップページ | 申請取次事務研修会の受講票が送られてきました »