« 六法の二刀流 | トップページ | 犬が「お嬢様」と呼ばれるのを目撃しました »

申請取次事務研修会の受講票が送られてきました

 今日は昼頃FAXで5月11日に開催される申請取次事務研修会の受講票が送られてきました。地図の他に,当日はお弁当が用意されることや(わーい),考査の出題範囲等が日行連の会員向けページに置いてあるから事前に予習しておくようにということが書いてありました。範囲指定は条文でされています。省令とか告示とかもあります。つまりアレですな,入管実務六法を買えと。そういうことのようです。まあ入管業務を専門にするなら入管六法は持っていて当然ですから文句は言えません。ちなみに入管実務六法はこんなものです。サイズは判例六法より薄いですが値段は模範六法なみに高いです。

注解判例 出入国管理外国人登録実務六法〈平成18‐19年版〉 Book 注解判例 出入国管理外国人登録実務六法〈平成18‐19年版〉

販売元:日本加除出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 さて,せっかく考査を受けるんですから景気付けにいい点数をとりたいものです。そこでどんな考査か予想してみました。

 考査の時間は20分。まず小論文ではないでしょう。数百人は参加するらしいですから,採点のことを考えるとおそらく正誤問題か択一式。択一式なら1問2分で10問というところでしょうか。正誤だったら易しい問題で1問1分で20問が最大値でしょう。競争試験ではない以上,不合格があんまり多くても困るでしょうから,それほど難しい問題は出ないと見ました。つまり,正しいものも誤っているものもハッキリしていて,微妙な選択肢はほとんどないのではないかという気がします。

 ワタクシは満点を狙ってゆくつもりであります!・・・と,ここで宣言しておけば多少は勉強するのではないかな,などと自分を追い込んでみる今日この頃。黄砂が,ああ〜目にしみるぅ〜(ペケペンペンペン)。

|

« 六法の二刀流 | トップページ | 犬が「お嬢様」と呼ばれるのを目撃しました »

行政書士(入管関係)」カテゴリの記事

コメント

がぶりぽんチョコさん、ドン・キホーテです。

>考査の時間は20分。まず小論文ではないでしょう。採点のことを考えるとおそらく正誤問題か択一式。択一式なら1問2分で10問というところでしょうか。正誤だったら易しい問題で1問1分で20問が最大値でしょう。

 私もほぼ同じような読みです(笑)
 じゃ、択一式か正誤問題かどっち?となるとズバリ「正誤問題」でしょう。
 ○か×しかないので問題数は25問(1問4点の100点満点)。合格(修了認定)水準は60点(問題が易しければ70点)とみました。
 私もがぶりぽんチョコさんと同じく満点狙いでいきます。と宣言し自分を追い込みます。

 たった今Amazonから「外国人法律相談チェックマニュアル」が届きました。早いっ!!!

投稿: ドン・キホーテ | 2007年5月 1日 (火) 15時38分

 ドン・キホーテさんこんにちは。
 正誤25問出ちゃいますか? うーむ。その分問題が易しく(見え見えに)なってればいいのですけれど。(^^;
 25問だと仮定して,内容ですが,予習用に配布されたPDFの定義集(基礎概念),あそこから5〜10問くらい出るのではないかと思っています。あとは各在留資格がらみですかね。難民認定は出そうにない雰囲気ですね。
 それとも,定義集しか見てこなかったという大胆な人が多数いることを想定して,あれだけやっておけばなんとか合格できる出題(15問以上)になるのでしょうかねー。
 いずれにせよ,最終的なヤマは当日の講義を聴きながらはることになりそうです。希望的観測ですが,あまりに参加者の出来が悲惨だったら,多少の得点調整はあるかもしれません。でも満点目指して頑張りましょう!(^-^)

投稿: がぶりぽんチョコ | 2007年5月 1日 (火) 20時06分

ドン・キホーテです。

 がぶりぽんチョコさんのこのコメントを読まずに、コメントをつけちゃいました^^;
 さすがJD(これで最後にします…がぶぽんチョコさんに「てめ~しつけぇ~んだよっ!!」って叱られそうなので)読みが深いm(_ _)m
 いずれにしても2つ告示と民法(期間の計算)さえ押さえてさえおけば問題ないと思いません?
 大学時代、定期試験の予想屋(模範回答も作っていました)やってたドン・キホーテは出題者の意図が手に取るようにわかってしまうのであった(これで外したら大笑いですね)。

投稿: ドン・キホーテ | 2007年5月 2日 (水) 00時55分

 ドン・キホーテさんこんにちは♪

 予想屋さんであられましたか,これはおみそれいたしました。告示と期間計算ですかー。期間は1〜2問出そうな雰囲気がもんもんと漂っておりますね。それでは告示と期間計算の問題も後日作成いたしましょう。

 今回問題を作ってみて,問題は解くより作る方が断然ラクチンであるということがわかりました。答えを見ながら作っているので楽勝であります。この調子で200問くらい作って,試験範囲の条文を全部くっつけて,経費プラス千円の価格設定で売りに出したら売れますかねぇ・・・(←セコい)

 それとも200問全部アップして最近話題の著作権登録し(中身はよく知りませんが),誰かがパクって問題集を売り出すのを待ち,その誰かが程々に儲けたところで訴訟するほうが儲かりますかねぇ。(←コスい)

 ちなみにJDは海外ではいざ知らず,本邦内では関係者に「プッ」とか言われちゃうネタ学位のことであります。

投稿: がぶりぽんチョコ | 2007年5月 2日 (水) 17時03分

>がぶりポンちょこさん

 ドン・キホーテです。
 ちょっと酔っぱらった勢いで筆が走りすぎたかも(ちと反省…^^;)
 PDFさえ完璧にマスターしておけば15問は取れるようにつくられている気がするのですが、どう思います?
 結局、合格(修了認定)水準が6割だとしたらほとんど全員合格(修了認定)してしまう気がしますが。

 第1回目にもかかわらずもしそうではなかったら(う~ん考えたくもない)、1割どころか2割いや3割落ちたとしたら、がぶりぽんチョコさんの「平成19年度第1回申請取次事務研修会効果測定問題集」と「第2回予想問題集」(各千円)は結構売れると思いますよ~(笑)

投稿: ドン・キホーテ | 2007年5月 2日 (水) 23時58分

 ドン・キホーテさんこんにちは。

 そうですねーPDFから15問は出ると思います。民法も1〜2問。あと最近の目玉商品の出国命令はやはり2問くらい出るかも。定住者と特定活動各1〜2問,あとは基準からってとこですかね。

 落とす試験ではないから,全員合格はむしろ先方の意向のような気がします。あんまり簡単だと問題集どころじゃなくなるかもしれません。(笑)

投稿: がぶりぽんチョコ | 2007年5月 3日 (木) 11時48分

>がぶりぽんチョコさん

 予想出題数の訂正です。
 当初のがぶりぽんチョコさんの予想どおり20問で決まり。
 1問5点の方が事務局も計算しやすいし、1問1分という説明もそのとおりだと思います。

 で、基礎概念(PDF)から14~15問、残りはがぶりぽんチョコさんのコメントを参考に。
 で予想問題集をこなして研修に臨めば全員満点合格間違いなし(笑)

 

投稿: ドン・キホーテ | 2007年5月 3日 (木) 15時27分

 ドン・キホーテさん

 おお,力強いお言葉!

 20問だと多少考える時間的余裕が出てきますね。
 PDFと出国命令・期間計算だけ覚えておけば落ちることはまずないと思います。

 ただPDFも丸暗記となると難しい量ですね(←加齢による記憶障害)。何度も読んで,マーカー引いてやるしかなさそうです。

 これで空欄補充の記述式だったら笑うしかないです。さて,どうなることやら・・・。(^^;

投稿: がぶりぽんチョコ | 2007年5月 3日 (木) 20時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/250693/6082970

この記事へのトラックバック一覧です: 申請取次事務研修会の受講票が送られてきました:

« 六法の二刀流 | トップページ | 犬が「お嬢様」と呼ばれるのを目撃しました »