« 職務上請求書を購入しました | トップページ | またまた入管手続の勉強会に出席しました »

主力業務の報酬額表を作成しました

 今日は,ずいぶん長い間先送りにしてきた,入管関係業務の報酬額表を作成しました。在留・永住・帰化等の許可申請は当初から主力業務とする予定だったのですが,その報酬額が今まで決まらなかったのは,最近になってようやく各業務の難易度や,業界の相場,他の先生方と違った独自の付加価値をつけられるかどうかなどが見えてきたためです。

 それで作ってみたのですが,なんだかものすごく高くなってしまいました。

 入管関係業務,特に在留関係は,依頼者の人生がかかっています。極端な場合では,依頼者やその家族・親戚の一生がかかっているようなことがあります。たとえば,親戚一同が全財産を担保に入れて借金したお金で,期待を一身に背負って来日している外国人もいらっしゃるのです。そういう方にとっては,在留資格がとれるかとれないかは命のかかった問題だともいえますから,考えられるできるだけのことをして,許可の取れる可能性を高めたいとお考えだと思うのです。ですから,私もそのために手間を惜しまず足を使って資料集めをする覚悟を決めたところ,やはり何度計算しても相場より高くなってしまうのですね。

 うーむ。専門性がそれほど高くない分野では,相場並みの料金設定をしているつもりなのですが,こうなると主力業務で依頼が全然来ないんじゃないかと不安になります。世間並みの処理なら世間並みの値段でできるだろうとは思うのですが,必ず言われるであろう高すぎるという苦情に対して,それならどうぞ他の安い事務所へ行ってくださいと言うか,スタンダードコースとスペシャルコースの2本立てで料金設定すべきなのか。だいたい依頼者もワタクシも,スタンダードコースで結果に納得できるのか。難しいところです。

|

« 職務上請求書を購入しました | トップページ | またまた入管手続の勉強会に出席しました »

行政書士(開業準備)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/250693/6000273

この記事へのトラックバック一覧です: 主力業務の報酬額表を作成しました:

« 職務上請求書を購入しました | トップページ | またまた入管手続の勉強会に出席しました »